FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-TWIN MAGNA

愛車紹介シリーズ第二弾 V-TWIN MAGNA
・1994年式 
・保有期間1994.12~1997.3
P1000012.jpg
photo1.jpg
あまりいい写真が無いです。実家行けばたくさんあるけど。

・ホンダFACT BOOK どんなバイクかはこちらを参照して下さい。



☆購入まで
PHAZERが購入当初からクタクタで、また社会人になり金回りが多少良くなった事で、新車購入を検討。
初ボーナスはパチンコで殆どすってしまったが、冬ボーナスを目処に買い換えようと思いPHAZERを修理してもらいつつ貰ってきたTT250Raidのカタログを見て過ごす日々。当時住んでいた千葉県はなかなかオフ車を楽しむには環境に恵まれていて林道や砂浜(←駄目です)を走る姿を想像しワクワクして過ごす。
そんな中全然ジャンルの違う一台のバイクが目を奪う。V-TWIN MAGNA。クラスを超越したロング&ローの艶かしいボディ。アメリカン系のバイクは総じて遅いイメージがあり興味も無かったが、往年のスポーツバイクVT系のエンジンを搭載している事から元気のいい走りを想像し完全に心を奪われる。
バイク屋に話しを聞きに行くと「格好いいですよ~」の一言。完全に購入を決意。ちなみにマグナは発売と同時に超人気車となっていた。納車までワクワクドキドキしてた。(と思う)

☆納車
仕事も早々に帰宅し、ワクワクしながら配送されてくるのを待つ。恐らくスクラップになってしまうPHAZERが物悲しげ。簡単に掃除をする。
マグナを積んだトラックが自宅のある路地へ入ってくる。銀色の艶やかなボディ。今日から俺のマグナライフ(?)がはじまる。
各部の説明を受けるが、上の空。早く走りたい。
本当に寂しげなPHAZERを見送りエンジンを掛けてみる。12月で寒かったが近くのスタンドまで給油に行ってみる。赤いAGVのフルフェイスはかなりのミスマッチだったと思うが。

☆蜜月
今の自分を知る人だと信じられないと思うが、乗るより磨いてる方が多かった気がする。メッキパーツを丁寧に乾拭きした後、しゃがんで車体を眺める。頬が緩んでくる。
たまに近所をのんびりと走る。メーター等遮るものが無いメーターハウジングに映る景色が楽しい。
VT系のエンジンは排気量の小ささもあり鼓動感は足りなかったが、経験の少ない自分はそれでも満足だった。
当時はすり抜けなどもせず本当にのんびり走っていた。27PSでも不満は無かった。
時折道行くオジサンに「でかいねぇ、どこのバイク?」などと良く声を掛けられたりもした。「ホンダの250」と答えると大概ハーレーやナナハンというキーワードが出てきた気がする。

☆だんだんと
ある日南房総へツーリングへ行く為館山道を走っていた。館山道は空いているので結構飛ばしてしまう。最高速はどのくらいでるのか試してみたくなった。5速全開。スピードメーターは130キロを少しオーバーしたあたりを指している。ポジションの影響もあり風圧がきつい。
そんな時に白いサニーが後ろから抜いていく。家族を満載して子供が後ろの窓からこちらに手を振っている。こちらは一杯一杯。だんだんとサニーが離れていく…。少しずつマグナから気持ちが離れてくる。

マグナに乗り出して2年目の夏。初めてのロングツーリングに行く事を決意する。目指すはライダーの聖地北海道!
当時は空の便が結構充実していて、飛行機にバイクを積み北海道へ上陸するプランを練っていた。
が、しかし250のマグナは250に見えない大きさが災いし料金が750クラスと一緒。何だかとても落胆した記憶がある。
結局は仙台まで自走しその後フェリーで行く事になる。ちなみに帰りは大洗までフェリー。
出掛ける準備をしていると、更にマグナの弱点に気付く。荷物の積載性が劣悪。リアフェンダーからヘッドライトの上にまで約10日分の荷物を載せ、何とか出掛ける。
車体への荷物の固定が下手糞だったので、途中荷物を何度も落としそうになる。大荷物をネットだけで固定してるという今思うと馬鹿な荷物の積み方をしたと思う。
北の大地を走るとマグナの小さいタンク恨めしく思えてくる。実際にガス欠するような事は無かったが、200キロ前後の航続距離は頻繁な給油を要求された。

北海道はそれでも楽しかったが、マグナからは完全に心は離れていた。
帰って暫くもしないうちにレッドバロンでKLE400の見積もりを貰っていた。

FZ400編へ続く…。多分

☆最後に軽くインプレ
VT系のエンジンと言う事で、元気さを想像すると裏切られます。VT自体乗った事がまともに無いので何とも言えませんが。
のんびり風と戯れる雰囲気でトコトコ(ドコドコじゃない)走るのがこのバイクには合ってると思います。長い距離走るのも余り得意ではありません。
良く見るとプラスチッキーでちょっと萎えます。今も現行モデルと随分長く作ってるけどその辺は改善されたのかな…。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。