スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京旅行その1

友人達と中国の北京に遊びに行って来ました。
060609PICT0056_.jpg


初日(6/8)
成田空港~北京空港~ホテル

※一緒に行った雷鳥さんのブログも見ると良いかと…。


友人の車で成田空港へ、チェックイン後食事を済ませ『中国国際航空』CA926便で北京を目指す。

060609PICT0001_.jpg 何ていうのか知らんが電車みたいなやつ

060609DCSA0008_.jpg 今回乗るB777。なんだか煤けてるのはお国柄?
中国の航空会社なので、CAも当然中国語ベース。(日本語のアナウンスもありますが)
060609PICT0004_.jpg 機内サービスで出た「燕京ビール」。あまりお酒を飲みたい気分ではなかったが、折角なので飲んでみる。アルコールが4度しかなく軽い。そしてぬるい…。

写真は撮らなかったが機内食のビーフを食す。味は…。
言っちゃ悪いとは思うが、JAL等のサービスと比べてはいけないと思う。

そんなこんなで、4時間くらいで「北京首都国際空港」に到着。
060609PICT0007_.jpg 生まれも育ちも島国の私は初の大陸。でも空港に降りた感じではあまり異国情緒は感じない。ちなみに時差は日本時間からマイナス1時間。

060609PICT0006_.jpg 中国のスッチーがいっぱい(笑)

060609PICT0009_.jpg 入国審査を受けるゲート。何て呼ぶんだろ。

060609PICT0011_.jpg 空港ロビー?見ての通り今回はJTBのツアーです。
ここで現地ガイドの劉さんと合流し、マイクロバスでホテルへ向かう。1時間近くの行程。

060609PICT0236_.jpg この人がガイドの方。私の仲間内での通称は「瓶底」

060609PICT0017_.jpg ホテルに行く途中の高速道路から見た北京の町並み

060609PICT0055_.jpg 今回お世話になるホテル。「北京新僑諾富特飯店 (ノボテル シンキョウ ペキン)

060609PICT0019_.jpg 部屋はこんな感じ。4つ星ホテルらしい。
セキュリティボックスが壊れてたり、テレビの映りが変だったり、水の流れる音がうるさかったり、道路の騒音がうるさいなど、いくつか不満もありましたが、悪くないホテルではあります。ただ日本語Onlyの私にはちょっと厳しい部分もありました。

チェックイン後時間が夕食を兼ね、地下鉄に乗って王府井(ワンフーチン)へ繰り出す。ちなみに中国では地下鉄の事を「地鉄」というらしい。

060609PICT0021_.jpg ホテルの直ぐ隣にある崇文門駅構内。
この写真だと判らないが、駅通路等は自動車のトンネル並の暗さ。北京ではそれが普通らしい。

060609PICT0023_.jpg 路線図とか地図とか。北京の地下鉄は1号線と2号線の2系統

060609PICT0037_.jpg地下鉄の切符
無愛想な女性が手売りしている。王府井までは3元。お釣をぶん投げてたのが印象的だった。

060609PICT0026_.jpg1号線車両。青いラインが特徴。

060609PICT0027_.jpg1号線の車内。新聞の売り子がいます。昔の丸の内線の車両みたいな雰囲気

建国門駅で2号線に乗り換えます。1号線は空いてたけど、2号線は結構なラッシュでした。
日本では電車から降りる人優先ですが、そんなルールが無く軽くカルチャーショックを受ける。

060609PICT0032_.jpg2号線の車両。赤い線が特徴。1号線よりちょっとボロイ。

060609PICT0036_.jpg建国門駅で見かけた「防爆筒」。爆発物を発見したら投げ込むらしいです。 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

で、王府井に到着。一応繁華街らしいが、東京で言うと上野みたいな雰囲気かな~。

060609PICT0041_.jpg王府井の通り。
人が多く、結構賑やか。マクドナルドや吉野家、ケンタッキーなどもある。
060609PICT0043_.jpg王府井小○街(○の部分が判らない)
小さな料理店が軒を連ねる小路。サソリやタツノオトシゴ、蚕、蛙などの串焼きが売っておりギョッとしてしまう。(ゲテが苦手なんで食べてません)観光客向けではなく明らかに中国人向け。

060609PICT0047_.jpg夕飯は餃子。

060609PICT0045_.jpg燕京ビール再び
観光客向けの店ではないので安かった。

腹を満たした後はホテルまで歩いて帰る。20分ほどで着いてしまい、電車に乗ってもあまり変わらなかった。
ホテルに着いたあと、ホテル内のレストランでお茶をして解散。

北京は東京と違い道路が広く建物が低い印象。そして黄砂の影響か埃っぽい感じがした。

2日目へ続く(か?)

----
追記(最初にアップしてから色々調べてみました)
・王府井は「北京の銀座」と言われる北京一の繁華街らしいです。確かに高級ブランドのショップや百貨店など沢山ありましたが、やっぱり銀座よりは上野だよなー。せいぜい新宿や池袋って感じかな。
ちなみに1999年に現在の近代的な姿になったそうです。それまでは以前の中国的繁華街だったらしいです。地名の由来は井戸からきてるようです。
・王府井小吃街は観光目的で割と近年整備された通りのようです。
・地下鉄は2系統だけじゃないみたいです。4系統あるらしいです。
・地下鉄2号線はほとんどが北京城城壁の下を通っているらしく、駅名には「門」が付く名前が多いそうです。
・「燕京」とは北京の昔の呼び名らしいです。それ以外に「北平」など現在まで色々な呼び名があったそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。